自動配膳ロボットは飲食店の人材不足を解決してくれるのか?導入による効果

Tech

多くの飲食店が頭を抱える悩みのひとつに、人手不足が挙げられます。

各店舗で人手不足を解消するために対策していると思いますが、ホール業務の一端を担ってくれる自動配膳ロボットが注目されていて、導入を考えている飲食店も少なくないでしょう。

この記事では、自動配膳ロボットが飲食店にもたらす効果をご紹介します。

 

飲食店における人手不足の現状

 

最近では、人口減少や高齢化などで人手不足に悩む飲食店が増えています。

店舗内の人手が不足すると店が回らなくなり、営業が難しくなります。

人手不足を解消するためには、新たなる人材を確保することが必要になりますが、募集をかけても人が集まらなかったり、人材を育てるのに時間がかかったりと多くの問題が出ているのが現状です。

 

これらの課題を解決する新しい方法として、自動配膳ロボットの導入が注目されています。

 

自動配膳ロボットを導入する効果

自動ロボットは自立走行ができるため、配膳業務を全般的に担うことができます。そのため、スタッフが他の業務に専念でき、スタッフ数が少なくても店を回せます。

 

また自動配膳ロボットを導入することで、人件費を削減できるだけでなく、採用コストや育成コストも減らせるのがメリットです。自動配膳ロボットが一台あれば、1人分の配膳作業が担えるので、スタッフを増やす必要がなくなります。

 

さらに自動配膳ロボットを導入している飲食店は、まだそこまで多くないため顧客からの注目を集められる効果も期待できます。

 

配膳ロボットならORIONSTARの「Lucki」がおすすめ!

 

ORIONSTARの「Lucki」は、配膳作業を効率化してくれる自動配膳ロボットです。

最大40㎏までの食事を運べ、一度に4つのテーブルに配膳できるため、飲食店の配膳サービスで大幅に活躍してくれます。

4時間の充電で12時間から15時間稼働でき、充電さえすれば遅刻も欠勤もしないため、営業の1日を通して安心して使えます。

自動 配膳 ロボットについて詳しく知りたい方は、ORIONSTARの公式サイトをチェックしてみてください。

 

Rate article
Add a comment