車中泊でのトラブルを避けるために気をつけることと対策

Jackery Solar Generator Info

ここ数年、アウトドアブームの延長で車中泊も人気のアクティビティとなっております。

キャンプなどと比べるとお手軽なイメージですが、準備不足で生まれるトラブルも存在します。

本記事では、これから車中泊を楽しみたいという方にも分かるように、車中泊の魅力と気をつけること、失敗しないためのアイテムまで紹介します。

1.車中泊の魅力と気をつけること

車中泊の魅力は、キャンプを手軽にしたようなアウトドア要素と、思い立った時に旅行に出れる自由さです。

しかし、車中泊がキャンプよりも準備が手軽とはいえ、車一つで何処に宿泊しても良いわけではありません。

車中泊をする際には次で紹介することに気をつけましょう。

  • 宿泊地で気をつけること

宿泊地を探す際には、車中泊が認められている場所かどうか確認をしましょう。

  • 宿泊中に気をつけること

宿泊中に車を使うことは、ガス欠やバッテリー上がりにもつながるため避けるようにしましょう。

宿泊地によってはアイドリングが認められていない場合もあるため、電源を必要とする場合は、別途用意しましょう。

車中泊を最大限楽しむために、車一つで宿泊に向かうのではなく、 車中泊に必要なグッズ を揃えておくことが大事です。

2.失敗しない車中泊のためのおすすめアイテム

車中泊を満喫するには、事前に車中泊用のアイテムを準備しておく必要があるため、おすすめの車中泊アイテムを紹介します。

  • 寝具
  • 目隠し
  • 照明

これらは車中泊を行う上で通年必須のアイテムになります。

また、車中泊を楽しむ季節によっては、冷暖房の手段が必要になるため、冷暖房機器を動かすための電源としてポータブル電源があると一層快適です。

車中泊用ポータブル電源 さえあれば、冷暖房機器の他にも電化製品を車中泊にも導入できる用になるため、スマートフォンやパソコンと言ったデバイスの充電はもちろんのこと、卓上IHなどの調理家電まで使用できるようになります。

車中泊を本格的に楽しむ際にはポータブル電源の導入を検討してみると良いでしょう。

3.ポータブル電源を活用しトラブルを避けよう

車中泊を快適にしたい方には、ポータブル電源とソーラーパネルをセットにした「Jackery Solar Generator 」がおすすめです。

Jackeryが展開するポータブル電源とソーラーパネルをセットにした製品であり、電池切れが気になった際もソーラーパネルで充電できるため、連泊の際も安心です。

「Jackery Solar Generator シリーズ」の中でも、最新機種である「Jackery Solar Generator 2000 Plus」と「Jackery Solar Generator 1000 Plus」は特におすすめです。

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用したポータブル電源となっており、長寿命と従来のポータブル電源以上に高い安全性を実現しています。

ポータブル電源は、車内で使うものであるため、安全に使えるのが重要なポイントです。

4.まとめ

手軽に感じる車中泊ですが、最大限楽しむためには車中泊用のアイテムを事前に準備しておくことが重要です。

最初は手間に感じるかもしれませんが、一度車中泊アイテムを揃えてしまえば、気軽に自由に旅行にでかけられるという車中泊の魅力を存分に感じることができます。

今回紹介した、気をつけることを参考に車中泊にチャレンジしてみて下さい。

Rate article
Add a comment