産後の骨盤矯正は必要?育児で忙しくても楽にできる2つのオススメ骨盤矯正方法

産後の骨盤矯正は必要?育児で忙しくても楽にできる2つのオススメ骨盤矯正方法

「産後の骨盤矯正って、やったほうがいいの?」、「産後の骨盤矯正にはどんな方法があるの?」と産後のママの悩みは尽きませんよね。

産後の骨盤矯正は産後半年までに始めると効果があるといわれています。産後半年といえばとても忙しい時期なので、骨盤矯正のために時間を取れないと思いますが、そんな時期でも簡単にできる骨盤矯正方法をご紹介します。

産後は骨盤矯正したほうがいいの?

妊娠中は赤ちゃんが通りやすくなるように、少しずつ骨盤が開いていきます。そのため、産後は骨盤がゆるく、開いた状態です。出産で開いた骨盤は半年くらいで元の状態に戻るのですが、元に戻る間にゆるんだ骨盤が歪んでしまうことが多いようです。

産後は授乳やおむつ替えなど、かがんだり、猫背気味になったりする姿勢が多いですよね。こういった姿勢が続くと骨盤が歪んで、歪んだまま固定されてしまうことになってしまうのです。

骨盤が歪むと、ポッコリお腹や腰痛、尿もれの原因になってしまうので、産後はできるだけ骨盤矯正をした方がいいですね。

産後6カ月を超えると、骨盤周りが硬くなって矯正しにくくなるので、産後2か月くらいから6カ月までに始めるのがおすすめです。

産後1カ月は、悪露などがあり体を締め付けるのは良くないので、避けてくださいね。私も出産後に産院を退院するときに、助産師さんから「産後1カ月は、体を締め付けるような下着はつけないでね」といわれていました。

育児で忙しくても骨盤矯正できる方法

骨盤矯正の方法には、骨盤周りのストレッチや体操、骨盤矯正下着の着用、整体での骨盤矯正などがあります。骨盤を支えている筋肉を鍛えるストレッチや体操をすると、骨盤がしっかり本来の位置に固定されるのでおすすめです。

でも、産後すぐは赤ちゃんのお世話で忙しくて、自分の体に気を使う余裕がないですよね。骨盤ストレッチや体操は疲れていると忘れてしまったり、時間の余裕がなくてできないということも多いと思うので、疲れていても、時間がなくてもできる骨盤矯正方法をご紹介します。

1.骨盤矯正下着を使う

骨盤矯正の効果がある下着を身に着ければ、疲れていても、時間がなくても骨盤矯正ができます。産後のゆるんだ骨盤が歪んでしまわないように、体調に合わせて産後2か月くらいから着用するといいですね。

骨盤が緩んでいる時期は、骨盤が歪みやすいので骨盤を固定してくれるショーツを選びましょう。産後は肌がデリケートになっているので、肌に優しい骨盤矯正ショーツを購入するのがおすすめです。

妊娠中から準備しなくても、産後1カ月の間に用意しておけば大丈夫ですよ。

私は妊娠中から、産後の骨盤矯正に興味がありました。でも、いざ出産すると赤ちゃんのお世話で忙しかったり、自分の体調不良で余裕がないのとで、まったく骨盤矯正ができていなかったのです。

自分自身が通常の生活を送るのもやっとの体調だったので、「骨盤矯正ショーツなら簡単に骨盤矯正できる」ということは頭でわかっていても、ネットなどで購入する余裕がありませんでした。

産後3カ月ころまでは骨盤矯正はしていなかったのですが、産後に骨盤が緩んだからか、尿もれがひどいのが気になって仕方なかったので、ようやく産後4カ月ころに骨盤矯正ショーツを購入しました。

実際にお店に出かける余裕はなかったので、ネットで良さそうな骨盤矯正ショーツを何種類か購入。最初は、3種類ほど購入して、その中で自分に合っていたものを追加で購入しました。

もともと、妊娠に限らず、ストレッチや体操をまめに続けられる性格ではないので、「はくだけで骨盤矯正ができるショーツ」は、育児中でも本当に楽に骨盤矯正ができるので便利です。体にフィットした骨盤矯正ショーツだと寝ている間も苦しくなくないですよ。数種類購入しましたが、骨盤周りがしっかり固定されるショーツが一番骨盤矯正の効果を感じました。

ただ、「すぐに」効果が出るわけではないので、早く効果を出したいなら整体の骨盤矯正と組み合わせるといいと思います。私は、整体で骨盤矯正をしつつ、骨盤矯正ショーツで骨盤が歪まないようにしていました。

産後4カ月から骨盤矯正を始めた私ですが、産後3か月間の姿勢が良くなかったようで、整体では「かなり骨盤が歪んでいます」といわれてしまいました・・・。

慣れない授乳や赤ちゃんの抱っこで無理な姿勢をしていたので、骨盤が歪んでしまったようです。骨盤の歪みがひどい場合は、骨盤矯正ショーツだけでは矯正は難しいと思うので、お金はかかりますが、整体でプロに強制してもらうのがおすすめです。

また、骨盤矯正ショーツは体を締め付けるので、産後の体調が悪い場合は着用しない方がいいでしょう。産後の体調に不安がある場合は、1カ月検診などで「骨盤矯正ショーツを着用していいかどうか」を医師や助産師さんに相談してから使い始めてくださいね。

【50%OFF・12/4(火)20:00-12/11(火)1:59迄】ラディアンヌ お腹にチャックガードル 産後 ガードル 産後 ニッパー 骨盤ベルト 産後 ショーツ ハイウエスト 骨盤 ガードル 産後 下腹 大きいサイズ 補正下着 ロングガードル ウエストニッパー ジップ ファスナー 全2色 全5サイズ

楽天で購入

2.骨盤矯正クッションを使う

座るだけで骨盤を矯正できるグッズも便利です。授乳中やテレビを見るときに骨盤矯正クッションに座る習慣にすると、何もしなくても座っているだけで骨盤を正しい位置に調整してくれます。持ち運びができるタイプを選べば、家でも外でも簡単に骨盤ケアができます。私は妊娠以前から骨盤矯正クッションを愛用していました。出産後は忙しくてその存在を忘れていたのですが、骨盤矯正を意識し始めた産後4カ月ころから、また使うようになりました。

「メイダイ 勝野式 座るだけで骨盤キュッとクッション」送料無料 【姿勢 腰痛 クッション オフィス 骨盤 ダイエットクッション 腰痛対策 骨盤クッション 円座クッション 産後 グッズ 骨盤矯正 痔】

楽天で購入

楽な方法で産後の骨盤のゆがみを矯正しよう

骨盤が歪んでしまうと、腰痛や冷えなど体の不調の原因になってしまいます。特に、産後半年は骨盤がゆるんで歪みやすい時期なので、骨盤矯正ショーツや骨盤クッションなどの簡単な方法で骨盤を正しい位置に固定しましょう。育児中は自分の体のことは後回しになってしまいがちですが、骨盤のゆがみが原因で体の不調が出てしまうと、赤ちゃんのお世話もつらくなってしまいます。歪みがひどくならない産後の早めの時期から骨盤ケアをするのがおすすめですよ!