no-image

産後に黒ずんだちくびの色を元のピンク色に戻す3つの方法

妊娠・出産・産後に黒ずむ乳首。ちくびの色はこのまま黒ずんだままなの!?
乳首の黒ずみの原因を知って、元のピンク色に戻すために私たちがすべき3つのことをご紹介します。

妊娠・出産後にちくびの色が変化する

妊娠2ヶ月後からちくびの色が黒ずみ始める

妊娠から出産において、女性の身体はいたるところで変化が現れます。
なかでも、乳頭いわるゆ乳首の色の変化に悩む女性が多くいます。
人にはあまり相談しづらい悩みゆえ、このままずっと黒い乳首のままなのかと不安に感じてしまいます。

妊娠4ケ月です。
最近、胸が張ってきて、乳首の色も黒ずんできました。
http://oshiete.goo.ne.jp/、教えて!goo

今妊娠中で、乳首や乳輪が黒く大きくなっていますが、出産後には色や大きさは元に戻るのでしょうか?
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/、Yahoo!知恵袋

ちくびの黒ずみはメラニン色素が原因

妊娠中からすでに乳首が黒ずみ始め、それ出産後まで続く方が多いようです。なぜ、ちくびの色に変化があらわれるのでしょうか?

乳首の黒ずみはメラニン色素が原因です。
メラニン色素は紫外線などの外的刺激からお肌を守るため活躍してくれますが、増えすぎるとお肌が黒く見えてしまいます。
妊娠により、女性の身体は女性ホルモンが増加しています。そのため、乳腺のあるバストにメラニン色素も増えすぎてしまい、乳首が黒くなります。

そして、出産後も母乳を出すためにバストは膨らみます。この時にも、女性ホルモンの分泌が影響しているため、メラニン色素が増えすぎてしまうため、産後も乳首は黒い状態が続きます。

また、赤ちゃんがおっぱいを見つけやすくするために乳首が黒くなるという言い伝えもあります。
いずれにせよ、私たちママが赤ちゃんを育てていくために必要な身体の変化という認識で前向きに受け止めるのがいいですね。

ちくびの黒ずみは徐々に元に戻り始める

そうはいっても、女性として乳頭の黒ずみは気になるものです。
妊娠・出産で黒ずんだ乳頭はもとのピンク色に戻ることはあるのでしょうか?

私の場合、後期から徐々に薄くなりはじめ、産後間も無く妊娠前と同じ位に戻ったと思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/、教えて!goo

大丈夫!私は3人の子育てが終わった今では、ピンク色が、よみがえっています。
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/、Yahoo!知恵袋

授乳が終わり、ホルモンバランスが整いだしたら、乳首は元の色に戻っていきます。
やはり、女性ホルモンによるメラニン色素の分泌が影響しているのです。

黒ずんだちくびは完全に元の色には戻らない!?

しかしながら、元のピンク色に戻ったという方もいれば、元の色には戻らないという方もいます。
黒ずんだ乳首を元のピンク色の状態に戻すにはきちんとしたケアをしたほうがいいようです。

乳首の黒ずみの原因はメラニン色素による影響が大きく関係しています。
妊娠・出産後に乳首の色を戻すためにメラニン色素の生成を抑える必要があります。

1.紫外線を防ぐ

普段から紫外線を浴びているとお肌は紫外線を防ぐためにメラニン色素を生成してしまいます。
外出時は今まで以上に紫外線からお肌を守るために紫外線対策を行いましょう。

2.ビタミンCを摂る

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、今あるシミなどの黒ずみに効果があります。
サプリメントで摂るという手段もありますが、1日3食においてバランスよく摂ることが一番効果的です。

ビタミンCが豊富な食べ物

  • レモン
  • パセリ
  • セロリ
  • ブロッコリー

3.ビタミンC誘導体入りのクリーム

ビタミンCは実は体内で壊れやすい成分です。
そのため、頑張ってビタミンCをとってもうまく効果が発揮しない場合があります。
しかし、それを手助けするのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体が入っているクリームを使うことも効果的です。

夫婦円満、心身ともに健康的な生活を

身体のことですので、一朝一夕で効果がでるということはありません。
継続的にケアをしていくことが大切ですし、一番大事なのは規則正しい生活をすることです。

規則正しい生活によって、ホルモンバランスも整いやすくなりますし、お肌のターンオーバーも促進することができます。
乳首の黒ずみは、健康体でいることで次第に元の色に近づいていきますので、長い目で見守っていきたいですね。