授乳中の胸が張る!どうやってマッサージしたらいい?

授乳中の胸が張る!どうやってマッサージしたらいい?

授乳期間中に思いがけず胸が張ってしまうことがありますね。
いつもの胸の張りと違うと、「どうしよう!」と不安になることでしょう。
授乳中の胸の張りには、いくつかの原因とそれに応じた対処方法があります。

その対処方法の中でも乳房のマッサージはどうしたら良いのかお話します。

産後3日前後の胸の張り

産後一番初めに胸の張りを感じるのは、おそらく産後3日前後でしょう。

症状

産後3前後の乳房の張りは、乳房がホルモンに反応して母乳を作って分泌の準備をしているときに起こり、だいたい数日でおさまります。

マッサージ

産後間もなくのマッサージは行ってもいいのですが、痛みを伴うこともあるため自分ではマッサージを行うのが難しいことが多いのです。

例えば、乳房が石のように硬くなり痛くなる場合には、肋骨に張り付くような感じになります。
そのようなときには、乳房を前後左右に少しずつ動かしてみましょう。
乳房が石のように硬いときには、乳輪部や乳頭部も硬く痛い場合が多いため、乳頭と乳輪部もつまんだり乳輪部を押したりしてほぐすといいですね。
この時期は、まだ入院していることが多いため、助産師にどうやってマッサージするのかを教えてもらうと良いと思います。

また、痛いことは自分ではできないので、助産師にマッサージをお願いしてみてくださいね。

母乳がたまっているときの胸の張り

母乳がたまってしまい乳房が張ることもあります。

症状

母乳がある程度出るようになってから胸が張る場合は、母乳が溜まっていることによる張りかもしれません。
飲み残しや乳腺がつまりかけている可能性がありますので、注意が必要です。
赤ちゃんが母乳を飲み残していてただたまっているだけだと、乳房全体が張って重いと感じることも多いです。
乳腺がつまりかけている場合は、その腺につながっている場所が張って硬くなっていたり痛かったりします。

マッサージ

母乳が溜まっているだけならば、乳房を前後左右に動かしながら搾乳すると良いでしょう。
乳腺がつまりかけていて、乳房の張りがある場所に限局している場合は、そこを押さえたり乳頭の方へしごいたりしてマッサージしてみましょう。

その後に抱き方を変えて授乳してみてくださいね。

乳腺炎のときの胸の張り

乳腺炎のときには、胸の張りを強く感じることが多いです。

症状

化膿性の乳腺炎になったときには、乳房が赤く腫れたりしこりになったりして痛みを伴うことが多いです。
全身的に39度前後の高熱が出ますので、そのときには受診しましょう。
母乳が出にくくなり、赤ちゃんも嫌がって炎症を起こしている乳房には吸い付かないこともあります。

マッサージ

化膿性の乳腺炎の場合は、自分でマッサージは行わないほうが良いでしょう。
母乳がある程度出ていて、赤ちゃんが乳房に吸い付くようであれば、乳房を動かしてマッサージしてみても良いですが、あまりおすすめしません。

なぜかというと、むやみにマッサージしてしまうと炎症を広げてしまう可能性があるからなんです。
受診すると、必要に応じて助産師が乳房のマッサージをしてくれますので、まずは専門家に任せましょう。
その上で自分でできるマッサージや対処方法を教えてもらうといいですね。

断乳のときの胸の張り

断乳のときは、胸の張りを感じる方とそうでもない方がいらっしゃいます。
1日の授乳回数が多いほど、いきなり断乳すると胸が張りやすくなります。

症状

断乳を始めて授乳をしなくなると、乳房が張ってくることがあります。
断乳を始めるときに、1日に何回くらい授乳しているかにもよりますが、1日数回授乳していたのにいきなり授乳をやめると、その分母乳がたまってきて乳房が張ったり痛くなったりすることがあります。

マッサージ

断乳のときに積極的にマッサージをすると、乳腺が刺激されて母乳を作ってしまいます。
断乳したいのに、それでは困りますね。

乳房の張りがもう我慢できない一歩手前くらいで、搾乳をするだけで大丈夫です。
マッサージをする必要はありません。

断乳しているときには、できるだけ搾乳の時間をあけて乳房を刺激を少なくするほうがいいのです。
でも、限界まで我慢するとトラブルを起こす可能性がありますので注意しましょう。

どうしたら良いのかわからない場合は、助産師に相談することをおすすめします。
時々、乳房の張りと共にしこりや痛みを感じる方がいらっしゃって、薬が必要になることがあります。

まとめ

胸が張ったときにマッサージはどうしたらいいのか迷いますね。
授乳中は、色々なことが原因で胸が張ります。

これまでご説明したことを参考にして頂いて、どうしたらよいかわからない場合は、助産師に相談してみてくださいね。