授乳中の胸のかぶれが気になる!その原因と対処方法

授乳中の胸のかぶれが気になる!その原因と対処方法

授乳中には、汗もかくし胸がかぶれて気になるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
「かぶれて痒いあまりにかきむしって傷になっている」「ステロイドを処方されているけど、使うのが怖くて放置している」「それほどひどくないけど、痒いのがストレス」など、状態は様々でしょう。
授乳中に胸がかぶれる原因にはいくつかあり、対処方法もありますのでご紹介していきましょう。

授乳期に胸がかぶれる原因

たくさん汗をかく

産後は、母乳を作るために胸が熱くなりやすく、汗もかきやすいです。
夏場だと余計に暑く感じて汗もたくさん出ることでしょう。
着替えやシャワーが必要になるくらい汗をダラダラかいてしまうこともありますね。

こまめに対処できればいいのですが、赤ちゃんのお世話や他のことをしていると、なかなか時間が取れずこまめには対処できないかもしれません。
その汗が皮膚への刺激になって、胸がかぶれることがあります。
胸全体が汗で蒸れていて赤くかぶれている方がいますね。

乾燥

肌の水分が奪われて乾燥していると、皮膚のバリアが弱くなって少しの刺激でもかぶれてしまうことがあるでしょう。
産後のお母さんの免疫力は、妊娠中に引き続き低下したままですので、かきむしった傷が治りにくくなることがあるのです。
また、夏にはクーラーによる乾燥にも注意しましょう。

母乳パッドかぶれ

母乳が漏れてくるために、母乳パッドを使用している方も多くいらっしゃるでしょう。
母乳パッドの素材が肌に合わずに、皮膚への刺激になっている場合もありますね。
生理用品が肌に合わないのと同じです。
母乳パッドは長時間当てているものですし、母乳で湿り気があり、連続して皮膚が刺激に耐えなければならない状態になるのです。

また、母乳パッドに吸収された母乳で蒸れてしまうこともあります。
「母乳が漏れるから母乳パッドをしているのに、パッドにかぶれちゃってガーゼやタオルをあてている」という方もいらっしゃいます。

母乳が漏れる

母乳が漏れてしまって乳房に付いて、それがかぶれの原因になっている方も多くいらっしゃいます。
母乳の成分はほとんどが水分ですが、その他にタンパク質や脂肪分も含まれ、栄養がたっぶり入っています。

母乳そのものが皮膚に悪影響を及ぼすわけではありませんが、肌が弱い人、母乳パッドやブラジャーの蒸れ、汗などの影響で、それらが長く皮膚に付着していると変化が起こってかぶれの原因になってしまいます。
ちょうど乳頭・乳輪部を中心に、母乳が漏れて赤くかぶれている方をお見かけすることがあります。

赤ちゃんのよだれ

赤ちゃんのよだれが肌についてかぶれる方もいらっしゃいますね。
よだれは、消化酵素が含まれているものです。

皮膚を消化するわけではありませんが、よだれが皮膚への刺激となって痒くなったりかぶれたりすることがあります。
赤ちゃん自身も自分のよだれで口の周りかぶれることがありますので、その都度拭き取ることをおすすめします。

かぶれの対処方法

皮膚を清潔にする 

産後は、母乳を作っていること、体温の高い赤ちゃんを抱っこすることなどで汗をかきやすい状態です。その上に、母乳や赤ちゃんのよだれなどの刺激や蒸れがあると、胸がかぶれてしまうことも多いでしょう。
まず、皮膚を清潔にすることが第一の対策です。

気になるときにシャワーで流せるようならいいのですが、赤ちゃんのお世話などでその時間を取ることができない場合もありますよね。
そんなときは、汗やよだれなどを濡れたガーゼやタオルで、さっと拭き取るだけでも良いでしょう。
ゴシゴシ拭くと、皮膚を傷つけてしまいますので、抑え拭きをしたり優しく拭き取ったりしてくださいね。

母乳パッドはこまめに交換する

母乳パッドを使用している場合は、こまめに取り替えるようにしましょう。
母乳を含んだ湿った状態の母乳パッドを当てたままにしていると、皮膚への刺激にもなりますし、細菌が繁殖する機会を増やしてしまいます。

母乳パッドそのものが合わない場合は、違うメーカーのものにしたり、ガーゼやタオルなどの布製に変えてみたりしましょう。
布製の場合は吸収機能が落ちますので、洋服まで漏れないように注意が必要ですね。

着替える

ブラジャーで覆われる部分のかぶれであれば、ブラジャーを交換するだけでも良いですが、それ以外の部分のかぶれであれば、着替えましょう。
汗がついた衣服を着ていると、それが刺激になってかぶれが治りにくくなるかもしれません。
面倒ですが、こまめに着替えましょう。

保湿する

皮膚は、清潔にして保湿するとバリアが機能が強くなります。
汗をかくのなら、保湿は逆効果ではないかと思われるかもしれませんが、清潔にして保湿することによってバリア機能を強化されるのです。
汗自体は保湿にはなりません。

「保湿剤を使うとかえってベタベタして嫌だ」という意見もありますが、サラサラタイプのものでも大丈夫です。
かぶれている部分から使用してみましょう。

赤ちゃんの口に触れると心配という方は、馬油やランシノー、ピュアレーンなど乳頭や乳輪部の保湿によく使われている保湿剤を使用すると良いでしょう。
これらは市販されていますので、簡単に手に入ります。

ソンバーユ 無香料(70mL)【ソンバーユ】

楽天で購入

カネソン Kaneson ランシノー(10g*2本入) 授乳 保湿 クリーム おっぱいのケアに4979869004176

楽天で購入

【ポイントさらに8倍】【正規品】【送料無料】 メデラ ピュアレーン100 37g 授乳ケア 乳頭ケア 無添加 天然ラノリン100%【あす楽対応】【ナチュラルリビング】

楽天で購入

また、季節の影響もあります。
冬はもちろん乾燥しやすいですが、夏でもクーラーを使用していると肌が乾燥するものです。
肌に乾燥は良くありません。
冬はよく部屋を加湿しますが、夏でも濡れタオルや洗濯物を部屋の中に干しておくなどの簡単な加湿方法を工夫してみましょう。

私が担当した患者さんの例

産後数日で、乳輪部周辺がカサカサになってかぶれているお母さんががいらっしゃいました。
普通に授乳しているし、母乳も漏れるほどは出ていない状態でした。

軽い皮膚の剥離もありましたので、クリニックからお出ししている乳頭の保湿剤をこまめに塗るようにアドバイスしました。
そうすると、数日でカサカサはなくなり皮膚の剥離も治まりました。

随分前には、授乳前に乳頭を清浄綿花で消毒することが行われていました。
現在では、行わなくてもよいという考え方に変わりました。

この方は、消毒をしていたわけではありませんが、消毒をすると乳頭の程よい潤いも奪われて、かぶれてしまうことがわかって消毒をしなくなったのです。
「それは赤ちゃんによくないのではないか」と心配になるかもしれませんね。

お母さんから生まれてきた赤ちゃんは、お母さんについている菌から慣れていき、ある程度慣れたら、家族の菌、家の中の菌、だんだん外の菌に慣れていくと言われています。
汗をかいているから、このまま赤ちゃんに授乳するのは抵抗があるという方は汗を拭き取ってもいいのです。

消毒してみてかぶれなければ、消毒綿花を使ってもいいのです。
全体的な考えとして、今は絶対に授乳前の消毒は必要なわけではありませんよということです。

必要な時は薬を使用する

ひどいかぶれや皮膚症状がある場合は、受診をおすすめします。
産後のお母さんの身体は、免疫力が弱まっていますので、傷や病気などは治りにくい状態ですし、体調を崩しやすいのです。
必要なときには、塗り薬が処方されます。

ステロイドが入っているクリームなどが処方されることがありますが、「ステロイドと聞くだけで怖くて使えない」という声もよくお聞きします。
「病院でステロイドを出してもらったのですが、使っても大丈夫でしょうか」と質問を受けることがよくあるのですが、使っても大丈夫です。
むしろ、医師に出されたものであれば、言われた通りに使用することをおすすめします。

ステロイドには、5段階あって作用が弱いものから強いものまであります。
肌のかぶれの程度に合わせて医師が処方しますので、容量を守って使用すれば何の問題もありません。
根拠のない情報によって薬を怖がり、必要なときに使用しない方が問題です。
薬を使うことが心配な場合は、医師によく相談しましょう。

まとめ

授乳中の胸のかぶれの原因は、母乳や汗、赤ちゃんのよだれ、母乳パッドが合わない、蒸れなど様々なことが考えられます。
お話したように、皮膚を清潔にして保湿を心がけていくと、皮膚のバリア機能が強くなります。

赤ちゃんのお世話で忙しくてなかなかケアが行き届かない場合や、症状が良くならないことがあるかもしれません。
さらに産後は、寝不足や免疫力の低下などの影響で体調も悪くなりがちです。

ご紹介した対処方法を試しても胸のかぶれが気になる場合は、早めに受診しておきましょう。
塗り薬などは、母乳にはほとんど影響がないと言われていますので、医師の指示に応じて使っていってくださいね。