授乳中に胸が痛い。これってもしかして乳腺炎!?

授乳中に胸が痛い。これってもしかして乳腺炎!?

赤ちゃんとお母さんとの幸せなコミュニケーションの時間になるはずの授乳中に、「乳房にチクチクとした痛みがある」、「ズーンと重だるい感じがする」、「授乳したのに残乳感があってすっきりしない」といった胸の痛みを感じたことはありませんか?

初めのうちは「なんだかいつもと乳房の感じが違うな」という違和感があるだけなのに、放っておくとだんだん乳房の痛みが強くなり、身体のだるさや発熱などの全身症状がみられてくることもあります。今回は、そんな授乳中の胸の痛みから始まる乳腺炎の症状や特徴、原因についてみていきましょう。

授乳時にみられる乳腺炎は2種類ある

乳腺炎は、乳腺に母乳が溜まることや細菌感染によって乳腺の炎症が起こり、乳房に「痛み・腫れ・熱感・赤み・しこり」などの症状がみられる状態です。高熱を伴うこともあります。

乳腺炎には種類があり、母乳の流れが悪くなって乳腺に炎症が起こる「急性うっ滞性乳腺炎」と、急性うっ滞性乳腺炎の状態から細菌に感染して起こる「急性化膿性乳腺炎」があります。急性うっ滞性乳腺炎と急性化膿性乳腺炎のそれぞれの特徴についてみていきましょう。

乳腺炎の初めの状態、急性うっ滞性乳腺炎とは

乳腺からの母乳の流れが悪くなって、濃くドロドロになった母乳が乳管を塞ぎ、母乳が溜まった乳腺が炎症を起こした状態です。乳管がしっかり開ききっていないことや、母乳の飲み残しがあると、母乳が乳腺に溜まって乳腺炎を起こしやすくなります。乳管が開ききっていない初産婦に多いとされますが、経産婦でもみられます。

急性うっ滞性乳腺炎の症状

詰まって母乳がとどまっている乳腺に炎症の症状がみられます。

  • 詰まっている方の乳房にチクチクとした痛みや、ズーンとした重だるい感じがある
  • 授乳中に詰まっている乳房を赤ちゃんに吸われると痛みを感じる
  • 授乳後も残乳感があり、乳房がすっきりしない
  • 詰まっている乳腺の部分の腫れがみられる
  • 詰まっている乳腺の部分が硬くなってしこりがみられる
  • 詰まっている乳腺の部分が赤くなって熱を持っている
  • 乳房がうっ血して、血管が浮いて見える

乳腺炎を放っておくとなる急性化膿性乳腺炎とは

急性うっ滞性乳腺炎の状態が続き、乳頭や乳管の傷から黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染して炎症が起こった状態です。急性うっ滞性乳腺炎よりも乳房の痛みや腫れなどの症状が強く現れ、全身症状もみられます。

急性化膿性乳腺炎の症状

乳房の一部分や全体に強い炎症の症状がみられ、全身症状も出ます。

  • 乳房の一部、または全体が赤くなって腫れる
  • 乳房が熱を持っている
  • 乳房に強い痛みを感じる
  • 乳房が硬くなってしこりがみられる
  • わきの下まで痛みや腫れがみられる
  • 倦怠感や寒気、高熱などの全身症状がみられる
  • 膿が溜まって膿瘍ができる

早めに対処したい乳腺炎。乳腺炎を疑うポイントとは

乳腺炎には以下の6つの原因が考えられます。少しでも心当たりがありませんか?

心あたりはある?乳腺炎の原因6つ

  1. 「乳管が開き切っていない」、「いつも同じ方向から赤ちゃんが乳頭をくわえている」、「授乳間隔が空きすぎた」などで、母乳の飲み残しがある
  2. お母さんの疲れやストレスで母乳の流れが悪くなっている
  3. お母さんの食事や水分が足りていない、または過剰に摂り過ぎていて、母乳の状態や母乳の出が良くない
  4. 乳頭の傷や乳管の詰まりなど、乳頭や乳管の状態が良くない
  5. 肩こりやきつい下着などで血流や体液の流れが妨げられている
  6. 過去に乳腺炎になったことがあると再発しやすい

初めはわかりにくい乳腺炎の症状、痛みを我慢しないで。

1本の乳管が詰まっていても、他の詰まっていない乳管から母乳は出るので、多少の乳房の痛みがあっても我慢して授乳を続けてしまいがちです。しかし、詰まっている乳管から外へ出ることができない母乳は濃縮して乳腺に留まり、乳腺炎の症状はだんだんとひどくなっていきます。

初期の乳管の詰まりの段階では、授乳回数を増やすことで自然に詰まりが解消されることもありますが、溜まった母乳の粘度が高くなると、授乳回数を増やすだけでは詰まりが解消されることは難しくなります。

乳腺炎を疑うポイントは、授乳時のいつもと違う感覚

乳腺炎の状態で授乳を行うことは、痛みや苦痛を伴います。本来なら母子の幸せな時間となるはずの授乳の時間が身体的にも精神的にも辛い時間となってしまいます。急性化膿性乳腺炎になり、膿がたくさんたまると皮膚の切開が必要になることもあります。

授乳前の胸の張り感や、授乳を初めて間もない頃に乳頭のヒリヒリ感を感じることはあっても、授乳中や授乳後には、本来、胸の痛みは感じることのないものです。「そんなに痛いわけじゃないけれども、少しチクチクする感じがある」、「何かいつもと乳房の感じが違う」など、少しでも「いつもと違う」と感じたら、早めに医療機関に相談し、医師の判断を仰いでください。