うちの子は卒乳準備OK?簡単なチェック項目と卒乳方法

うちの子は卒乳準備OK?簡単なチェック項目と卒乳方法

卒乳と聞くと、何だか構えてしまうかもしれませんね。
「ちゃんとできるかな」「なんか搾乳とかややこしそう」「泣き叫んだらどうしよう」など、色々な不安があることでしょう。
そもそも何歳で卒乳するのがいいのか、特別な方法があるのか、といった素朴な疑問を持つ方も多いと思います。

ここでは、簡単な卒乳方法と卒乳準備状態のチェック項目についてお伝えします。

1. 卒乳準備状態チェック項目

卒乳する準備ができているかどうかのチェック項目を説明します。
純粋な卒乳とは、赤ちゃんが自然に母乳を飲まなくなることですが、計画的に卒乳できるように進めていく方法に焦点を当ててお伝えします。

離乳食の進み具合は順調ですか?

赤ちゃんが1歳以上で、食事もよく食べていれば卒乳しても良いと考えます。
一般的に離乳が完了するのが1歳から1歳半頃と言われています。

離乳食があまり順調でない場合、1歳未満の場合は、まだ十分な栄養が食事から得られないので卒乳はしないほうがいいでしょう。
または、卒乳する場合は、母乳の代わりにミルクを与える必要があります。

9−11ヶ月の赤ちゃんは、1日の栄養のうちおよそ40%を母乳やミルクから、60%を食事から得ていると言われています。
12−18ヶ月の赤ちゃんだと、全体の栄養のうちおよそ20%を母乳やミルクから、80%を食事から得ていると言われています。
順調に離乳食が進んでいる赤ちゃんの割合ですので、これ以下の割合のこともあるかもしません。

1歳以上ですか?

1歳以上で離乳食が順調であれば、上記のことからも卒乳可能な時期になったと考えて良いでしょう。
ただ、1歳では食べるものがまだ限られています。

離乳食の内容と量があまり理想的でない場合は、卒乳するとミルクを与える必要があります。
そうでないと、必要とされる栄養が足りなくなるからです。

最近では、アレルギーを気にするあまりアレルゲンになる食材をあえて与えないという方も増えているようです。
一般的に生もの以外は、少しずつ与え始めても大丈夫です。
小麦や卵、乳製品など、アレルギーを起こしやすいとされているものは、栄養価も高いですね。
自己判断でこれらのものを与えないということはしないほうが良いでしょう。
アレルギーが心配な場合は、医師に相談しましょう。

健康状態は良いですか?

持病があったり、アレルギーや健康に関して心配ごとがあったりする場合は、主治医に卒乳に関して相談しましょう。
そのときに、母乳のかわりにミルクを与える必要があるかどうかも確認し、医師からのアドバイスを参考にして行いましょう。
特に注意事項がない場合は、卒乳を進めても大丈夫です。

2. 簡単な卒乳方法

簡単な卒乳方法をお話します。

現在の1日の母乳の回数や赤ちゃんの様子にもよりますが、赤ちゃんにも乳房にも負担の少ない方法です。

母乳の回数を減らす

母乳を与える回数を徐々に減らしていきます。
現在、1日に何回の母乳を与えているかにもよりますが、2−3日に1回のペースで減らしていけるといいですね。
回数を減らせるからといって、急に短い期間に回数を減らすと、乳房がそれに耐えきれずに張ってくる場合があるのです。
ただ張ってくるだけだといいのですが、しこりになったり熱を持ったりするとほぐすのが大変です。
乳房に優しい方法としては、2−3日に1回ペースが程よいでしょう。

最後の母乳をやめる

1日1回の授乳回数になったら、その最後をいつなくすかを考えます。

最後の授乳が終わり、次に母乳が欲しくなったときに、赤ちゃんが泣いておさまらないかもしれませんし、寝ないかもしれません。
お母さん一人では、対応が大変になることも想定して、お父さんや他の家族の方にも協力してもらい、人手を確保しておきましょう。

赤ちゃんは、お母さん以外の人から母乳はもらえないことを理解してます。
ですので、お父さんに外に連れ出してもらう、またはお母さんが出かけるといったように赤ちゃんとしばらく離れても良いかもしれません。
反応は、赤ちゃんによって様々でしょう。
好きな食べ物やおもちゃ、お気に入りの場所などを駆使して工夫してみましょう。

卒乳後のケア

卒乳後、乳房が張ってくることもが考えられます。

あまりにもひどい場合は、ほぐれるのに時間がかかる場合がありますので、タイミングよく対処する必要があります。
それには、助産師に相談してすることをおすすめしますが、どうしても相談する助産師がいない場合は、次のことに気をつけてやってみてくさい。

  • 乳房が張ってきたら、ある程度我慢した後搾乳して乳房を保冷剤で冷やす。
  • 搾乳間隔をできるだけ長くあける。
  • 搾乳するときには、少し楽になる程度まで搾って保冷剤で冷やす。
  • 1週間前後乳房が張らずに、搾乳も必要がない場合はそのまま様子を見る。
  • 最後の乳房マッサージは必ずしも必要ではない。
  • 最後の母乳が気になる場合は、だいたい出なくなるまで搾乳してみて冷やす。
  • 自分で対処できないときには、助産師に相談する。
  • 痛みやしこり、発熱がある場合は医師の診察を受ける。

3. まとめ

卒乳準備状態のチェック項目と、簡単な卒乳方法についてお話ししました。

1歳以上になっていて、離乳食の進みがよく、健康状態にも問題なければ、卒乳が可能な時期になっています。
だからといって、卒乳すべきというわけではありません。

赤ちゃんが母乳を飲みたいと思う期間、お母さんも母乳を与えたいと考えているなら授乳を続けてもいいのです。
また、卒乳の方法やケアについては、乳房の状態に応じて違ってくるものですので、助産師に相談しながら行うのが理想です。

親子のタイミングが合って、スムーズに卒乳できるといいですね。